小学生になる子供がいる家庭は必見!ランドセルを初めて購入する親が知りたい情報を紹介

こちらのサイトは、ランドセル購入が初めてといったご両親が知りたい情報を分かりやすく解説しており小学生になるお子さんがいる家庭は必見です。
最近はカラーバリエーションが豊富で好みの色を選べることや高学年に人気のブランド品なども多くなっているようです。
流行を知らないとお子さんが不満などのケースあるかもしれませんので、こちらの情報を利用して知識向上に役立てると良いでしょう。
また、購入のタイミングにも増えているので参考にされることをおすすめします。

小学生になる子供がいる家庭は必見!ランドセルを初めて購入する親が知りたい情報を紹介

小学生になるお子さんがいる家庭では、入学前にランドセルを用意しておくことを考えるケースは多いのではないでしょうか。
祖父母が購入してくれることもあるけれども、ランドセルは自分たちで選びたいとなったときには購入予算の相場や値段が安いものと高い物の違いなど事前に知っておくと役立つ情報も多数あります。
通販でランドセルを購入するときのメリットやデメリットについても紹介しているので、ランドセルことで悩みを持つ人など必見です。

ランドセルは子供に負担をかけない重量がおすすめ

ランドセルのみの重量の目安は1.000~1,300gと言われています。
特に入学したての1年生は体も小さく、力もあまりありません。
学校から距離が近いのであれば、デザイン重視でも大丈夫です。
学校までの遠い場合は、できるだけ軽い素材を選ぶと良いでしょう。
実際にはランドセルに教科書や最近ではタブレットも持ち歩くことから総重量は5~7kgと言われています。
他に水筒や体操袋なども持つとさらに重くなります。
少しでも軽い方が体に負担が少なくなり、通学が苦痛になりません。
ランドセルは素材によっても重さは変わってきます。
牛革やコードバンなどの素材は比較的重く、人工皮革は軽い傾向にあります。
最近では1,000gをきるナイロン製の素材もあるので、できるだけ軽くと思う方は選択肢としておすすめです。
6年間使用することを考えるとデザインも大切ですが、毎日、背負うランドセルは軽くて持ち運びがしやすいことが子供にとってはベストです。

ランドセルの素材による違いを理解することで購入ミスが減る

ランドセルは色やデザインがまず目を引くことは間違いありませんが、素材の違いもしっかりと理解しておいたほうが良いです。
現実的には市販されているランドセルは何とその7割方がクラリーノという人工皮革を用いた製品であり、この名称くらいはどんな人でも一度や二度は耳にしたことがあるかもしれません。
軽量でしなやかであり、強度もまず問題なく価格的にも低めと、利点を多く持っているため市場を独占していると言える状態です。
この状況であれば選択肢は一つであって違いを理解する必要などそもそもないと思われるかもしれませんが、残りの3割は異なるのですから知っておいて損はありません。
クラリーノ以外ではまず天然の牛革があります。
重さもありますし値段も張りますが、質感はトップクラスということができるでしょう。
これ以外にも馬革製品がありますし、また人工皮革に限ってもクラリーノではない他の素材を用いたランドセル製品も販売されています。

ランドセルで人気なのはピンク系のカラー

昔は男の子は黒色、女の子は赤色のランドセルを使用することが当たり前でしたが、最近は多種多様なカラーが登場してくるようになったこともあり、様々な色のランドセルを購入できるようになってきました。
なかでも特に人気が高まっているのがピンク色で、女の子から圧倒的な支持を得ているほど人気になっています。
なぜ人気になったのかと言うと、ピンク色は可愛らしいイメージがあること、そしてお洒落な雰囲気を感じられる点が良いとされているからです。
また、男の子にも意外と受け入れられているほど主流のカラーになっているので、どの色にしようか迷っている方はぜひ選んでみてください。
そして、最近はカスタマイズができる最新型のランドセルも続々と誕生しているので、レインボーカラーにしたり模様を入れたりなどすることもできます。
ただし、値段に関しては少しだけ高くついてしまうことが多いため、予算については予め余裕をもって用意しておくことが大切です。

ランドセルはたくさんの荷物が入るだけではなく安全性も高い

日本の小学生は、ランドセルを背負って通学して来た長い歴史があります。
教科書やノートなどの荷物を一度にたくさん持ち歩けるメリットがあると知られていますが、実は子供の健康や命も守っている学生鞄がランドセルです。
まず第一に、ランドセルは背負って行動できるため、子供の身体へバランス良く負荷がかかり正常な発達を促せます。
ショルダーバッグや手提げ鞄だと左右どちらかの半身へ負荷がかかるため、身体が歪みやすくなり発達の妨げになりやすいです。
加えて、肩ベルトや背当てが子供の身体にフィットする設計になっているため、多少重量がある荷物を持っても体感重量が軽くなり、正しく歩くことができ転倒を防げます。
それでも子供は自由に行動するため、転倒する場合もあるでしょう。
しかし、重みで背中の方へ転んでも、厚みがあるランドセルがクッションになって衝撃を吸収してくれます。
後頭部を地面へぶつける心配が少なくなるメリットも大きいです。

ランドセルに関する情報サイト
初めてのランドセル購入

こちらのサイトは、ランドセル購入が初めてといったご両親が知りたい情報を分かりやすく解説しており小学生になるお子さんがいる家庭は必見です。最近はカラーバリエーションが豊富で好みの色を選べることや高学年に人気のブランド品なども多くなっているようです。流行を知らないとお子さんが不満などのケースあるかもしれませんので、こちらの情報を利用して知識向上に役立てると良いでしょう。また、購入のタイミングにも増えているので参考にされることをおすすめします。

Search